受験は中学校からか小学校からか

最近では中学校から中高一貫の学校に通わせたいと、中学受験をするご家庭が多くなってきました。もちろん中学までは公立にと考える方も多くいらっしゃいますが、都内の私立の男子校や女子高などは、中高一貫校として高校募集をしていない学校も増えてきています。では、小学校から試験を受ける方はどの程度いらっしゃるでしょうか。小学校から私立に通わせる方は、今のところまだ少数派と言って差し支えないでしょう。学校の数も膨大ではなく、まだ小学生の内は公立でも、と考える層も多いからです。ですが、過去には中学受験がまだ一般的ではなかったのに、今では加熱している現状を考えると、将来的には小学受験も一般的になってくる可能性もあります。お子さんの将来をずっと先まで見据えるならば、この先学歴社会がどう推移していくかをよくよく考えた上で、いつからスタートを切るかを考えておく必要があるでしょう。

小学校で受験をする理由

受験と聞くと、高校や大学というイメージがありますが実際は小学校から受験があります。小学校から受験をする理由、それはより良い教育環境を求めているからです。公立では法律に基づいたカリキュラムを単純に行っていくだけです。しかし私立の場合は法律に基づいたことにプラスした教育を提供しています。例えば外国人講師を交えた英語教育や見聞を広めるための課外学習授業、更には豊富な部活動など公立にはない魅力が溢れています。また私立の場合は中学や高校、更には大学までの一貫教育の学校もあり、今後のキャリアステップ等の形成に大いに役立つことも多いです。それだけ魅力的な私立に入学させるために最も重要なことは何よりも身だしなみや言葉使いです。勉強面では入学後も全力で取り組めば問題ないですが、身だしなみや言葉使いは幼いうちから教育する必要があります。そういった所に力を入れると良いです。

小学校受験を成功させるためのテクニック

小学校受験は、子供の将来を有意義なものにするために高い効果を発揮します。このような受験を成功させるためには、子供に学習する癖を身につけさせることが重要となります。学習する癖を身につけさせるためには、いきなり学習を行うように勧めるのではなく、本を読むように促すことなどがテクニックとなっています。本を読む癖が身につけば、教科書や参考書などの本についても、苦労なく目を通していくことが可能です。また、長時間机に向かう姿勢を身につけさせることもできます。そのような状態から学習を勧めていけば、何もない状態から、いきなり学習を勧めていくよりも簡単に学習する癖を身につけさせられます。このように、小学校受験を成功させるためには、本を読むように促すことなどのテクニックを利用して、学習する癖を身につけさせる方法が役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*